日立製作所は、このたび、従来よりも座ったり立ったりする際の負担を軽減した通勤電車向けシートを、プロダクトデザイナーの川上元美氏と共同で開発した。開発したシートは、従来よりも高い位置で浅く腰掛けるデザイン。高齢者や身体の不自由な人などにとって身体的な負担を軽減し、使いやすさの向上を狙ったものだ。

ここからは会員の登録が必要です。