ミライセンスは、3次元(3D)の仮想空間内で、モノに触った感覚を提示する「3D触力覚技術」を開発した。同技術を利用することで、小型のデバイスを指先に装着したり指で持ったりすれば、「圧覚(コツコツ、トントンなど)」「触覚(ザラザラやゴトゴトなど)」「力覚(ギュー、プッチン、グイングインなど)」を提示できるという。この3つを1つのデバイスで提示できるのは「業界初」(同社 代表取締役の香田夏雄氏)とする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!