米Intel社は2014年8月11日(米国時間)に、14nm世代の製造技術の詳細と、同技術で製造する最初の製品である「Core M」のマイクロアーキテクチャーを公表した。14nm世代の製造技術は、Intel社が22nm世代の技術で導入したFinFET「トライゲートトランジスタ」の第2世代版を利用するもので、製造技術の世代ごとに進めてきた性能向上や製造コスト削減のペースを維持できたとする。

ここからは会員の登録が必要です。