名古屋工業大学 大学院工学研究科 准教授の加藤正史氏の研究チームは、音響設備で発生するハウリングをアナログ回路で消去する技術を開発した、と発表した。

ここからは会員の登録が必要です。