東北大学金属材料研究所の和田武助教、加藤秀実准教授、京都大学大学院工学研究科の市坪哲准教授らは、Siのオープンセル型ポーラス(多孔質)粉末を開発した。これを活物質に使ってLi(リチウム)イオン2次電池(LIB)を作ると、現行のLIBよりも比容量が大きく、サイクル寿命も長くなることを明らかにした。Mg(マグネシウム)とSi(シリコン)の合金がBi(ビスマス)金属溶湯中で、Mg原子を溶出しやすい一方で、Si原子を溶出しにくいという性質を利用した。

ここからは会員の登録が必要です。