日本航空(以下、JAL)と野村総合研究所(以下、NRI)は2014年7月16日からの約1カ月間、iBeaconとスマートウオッチを活用し、空港旅客業務を効率化できるかどうかの実証実験を羽田空港第1旅客ターミナルビルで実施する。同ビルに勤務するJALスタッフがスマートウオッチを着用することで、搭乗ゲートなどへの効率的なスタッフの配置や迅速な顧客対応などにつなげるという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!