山形大学大学院理工学研究科有機デバイス工学専攻 教授の城戸淳二氏と助教の笹部久宏氏の研究室(城戸・笹部研)は、外部量子効率が30%と高く、しかも2.5Vと低いオン電圧で駆動できる青色リン光発光の有機EL素子を開発した。

ここからは会員の登録が必要です。