[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは、2014年の「ニューヨークオートショー」に、Acuraブランドの中型高級セダンとなる新型「TLX」の量産モデルを出展した。米オハイオ州で生産し、全米で2014年後半より販売する。概要はデトロイトショーで発表していたが、さらに具体的な仕様を明らかにした。

 TLXは、現在販売している「TL」や「TSX」に置き換わる中型の高級セダン。全長をTLより短くしながら、ホイールベースとタンデムディスタンスをTLと同等にした。新たに開発した排気量2.4L直噴DOHCの直列4気筒エンジンと、「MDX」に積んだものと同じ3.5Lの直噴SOHCのV型6気筒エンジンを採用した。

 4気筒エンジンは、最高出力152kW(206PS)、最大トルク247N・m。変速機はトルクコンバーター付き8速DCT(Dual Clutch Transmission)。トルコンとDCTの組み合わせは牽引など負荷が大きいときのクラッチの負担を軽くするもので、2014年4月現在世界初。米国環境保護庁(EPA)認定値(市内/高速/複合)はそれぞれ24/34/28mpg。

ここからは会員の登録が必要です。