京都大学大学院 理学研究科の北川宏教授の研究グループは、パラジウム(Pd)とルテニウム(Ru)が原子レベルで混じり合った“人工ロジウム”固溶体微粒子がNOx(窒素酸化物)を窒素ガス(N2)とO2(酸素ガス)に還元する触媒機能を持っていることを発見したと発表した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!