米ON Semiconductor社は、電池の端子電圧と温度を測定するだけで高精度を実現した電池残量計IC「LC709201F/LC709202F/LC709203F」を発売した。単セルのLiイオン2次電池に対応する。放電電流を測定する電流検出抵抗が不要なため、部品点数とコストを削減できるという。一般に、電池残量を高い精度で求める際には、放電電流の測定が必要とされてきた。今回は、端子電圧と温度の測定において、同社独自の補正技術を適用することで、放電電流の測定なしで、電池残量を高い精度で求められるようになったという。測定誤差は、LC709201FとLC709202Fが±5%未満、LC709203Fが±2.8%未満である。スマートフォンやタブレット端末、デジタル・カメラなどの携帯型電子機器に向ける。

ここからは会員の登録が必要です。