米Maxim Integrated Products社は、車載インスツルメントクラスタに向けた電源IC「MAX16993」を発売した。1個の降圧型DC-DCコンバータ制御回路と、2個の降圧型DC-DCコンバータ回路を集積している。すなわち、3チャネルのDC出力を制御可能だ。特徴は、無負荷時の自己消費電流が25μAと低いことである。さらに、3つのDC出力制御が1チップで可能なため、ディスクリート部品を使って構成した場合に比べてプリント基板上の実装面積が50%程度削減できるとしている。

ここからは会員の登録が必要です。