東京大学 ナノエレクトロニクス研究機構は、位置制御したGaN系ナノワイヤー量子ドットを用いて、室温における単一光子の発生に成功したと発表した。単一光子源は、1個の光子に情報を載せて量子情報処理をする上で、重要な素子の一つである。今回の成果について同機構は、「量子力学に基づいて飛躍的な計算能力を発揮する量子コンピューターの本格実用化に道を拓く第一歩」(機構長で同大 生産技術研究所 教授の荒川泰彦氏)と位置付ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!