米International Rectifier(IR)社は、部品点数を削減できるLEDドライバ制御IC「IRS2983」を発売した。回路トポロジは、フライバックと昇降圧型に対応する。特徴は、1次側の電流を検出してフィードバックを実行するプライマリ・サイド・レギュレーション(PSR)方式を採用したため、オプトカプラなどの絶縁部品が不要なことである。その分だけ、部品点数を削減でき、コストを低く抑えられるという。LED電球やLED蛍光灯などの駆動に向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!