NECトーキンは、初透磁率が1万6200と高いフェライト材「S18H」を開発した。同社は、S18Hを用いたコモンモ-ド・チョークコイル「SCR-HBシリーズ」も開発し、2014年1月よりサンプル出荷を始めた。

ここからは会員の登録が必要です。