Siによる近赤外線センサーを新しい製造手法で高感度にする技術について、東京大学と九州大学NMEMS技術研究機構が、米国サンフランシスコ市で開催中の「IEEE MEMS 2014」で共同発表した。赤外線センサーの市場は、セキュリティ・見守りや車載用ナイトビジョン向けに急拡大している。

ここからは会員の登録が必要です。