ルネサス エレクトロニクスは、システムLSIに集積するSRAMの製造バラつきを利用して、チップ固有のIDの不正コピーを困難にする技術を開発した。「第6回 国際カーエレクトロニクス技術展」(2014年1月15日~17日、東京ビッグサイト)で紹介した。なりすましによる不正が難しくなる。

ここからは会員の登録が必要です。