錠剤の一つひとつにセンサーを内蔵させ、患者が飲み込むと胃の中から無線でデータ発信する。そのデータは体に貼り付けたパッチなどを経由してスマートフォン、さらにサーバーにも取り込む。このような技術を米国のベンチャー企業が開発、実用化に向けて動いている。

ここからは会員の登録が必要です。