IDC Japan(本社東京)は、世界における3Dプリンター市場の2017年までの予測を発表した(ニュースリリース)。2013年の世界3Dプリンター出荷台数は、2012年(3万1000台)の2倍を超える6万8000台だった。また、同市場は2012年から2017年にかけて拡大し、年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は出荷台数で59%、売上額で29%と予測している。この結果、2017年の世界の3Dプリンター市場は、2017年には出荷台数が31万5000台、売上額は27億米ドル近くに達し、それに伴って関連サービス/消耗品市場も急成長するとみている。

ここからは会員の登録が必要です。