川崎重工は2014年1月1日、メコン圏(タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオス)の情報収集や市場調査、新規事業案件の発掘などを担当する駐在員事務所をタイ・バンコクに開設する。メコン圏の国々では、経済発展に伴う社会インフラの整備が進められており、同社は現地に新たな拠点を設けることで同分野などにおける同社グループの事業拡大を目指す。

ここからは会員の登録が必要です。