移動通信事業者を中心とする業界団体のGSMAは2013年12月19日、「Embedded SIM(eSIM)」の仕様書を公開した。eSIMはM2M(machine to machine)機器用のSIMチップで、任意の通信事業者の電話番号やIDなどの回線情報を遠隔地からネットワーク経由で書き込めるようにする。GSMAは、この仕様に合わせたeSIMの導入が2014年に始まると見込んでいる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!