東北大学金属材料研究所教授の千葉晶彦氏らの研究グループは、3Dプリンタの1種である電子ビーム積層造形装置を用いて医療用コバルト・クロム合金の粉末を造形すると、原子の周期配列が揃うことを確認した。医療用コバルト・クロム合金は、人工股関節などの材料として使われている。

ここからは会員の登録が必要です。