オリコンの連結子会社で太陽光発電事業を営むオリコン・エナジーは2013年10月31日、マグネシウム燃料電池のベンチャーであるStoM(宮崎県日向市)と資本業務提携すると発表した。同日の取締役会で決議した。オリコン・エナジーがStoMの第三者割当増資を引き受ける形で、230株を1012万円で取得する予定。株式取得後のStoMの株主構成は同社の創業者である東北大学名誉教授の小濱泰昭氏89.7%、オリコン・エナジーが10.3%となる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!