シャープは、亀山第2工場(三重県亀山市)で第8世代ガラス基板(2160mm×2460mm)を用いて、スマートフォン向けIGZO液晶パネルを生産する。現在、端末メーカーと商談を進めており、2013年中に生産を開始する。従来は天理工場(奈良県天理市)で第3.5世代ガラス基板(620mm×750mm)を使って生産してきたが、今後は2拠点で生産していく。

ここからは会員の登録が必要です。