ジャパンディスプレイは、タッチ・センサ機能を内蔵した5型フルHD液晶モジュールの量産を開始したと発表した。同社の前身の1社であるソニーが開発し、2012年1月に量産を開始した、「Pixel Eyes」と呼ぶインセル方式を用いている。画面の精細度が400ppiを超える5型フルHD(1080×1920画素)の液晶モジュールにタッチ・センサ機能を取り込んだのは「世界初」(ジャパンディスプレイ)だという。

ここからは会員の登録が必要です。