PTCジャパンは(本社東京)、PLMツール群「PTC Windchill」(米PTC社)の最新版「同10.2」を日本国内で発表した。2014年に発効予定のFDA(米国食品医薬品局)によるUDI(医療機器個体識別)規則、ならびに紛争鉱物(コンフリクト・ミネラル)法に基づく米証券取引委員会(SEC)への報告の義務化などに対応し、これらの情報を扱う機能を強化した。基本機能も強化し、設計技術者にとっての使い勝手も改善し、作業中のデータの格納を容易にし、動作スピードも向上した。

ここからは会員の登録が必要です。