OKIエンジニアリング(OEG)は、ICの内部接続に用いられるCuワイヤに損傷を与えることなく、パッケージ樹脂を開封する技術を開発した(リリース)。同社はこの技術を使い、これまで困難とされていたCuワイヤを用いたデバイスの故障解析や各種信頼性評価の受託サービスを2013年10月1日から開始する(関連ページ)。

ここからは会員の登録が必要です。