NECは2013年9月24日、500kHz以上で動作するカーボン・ナノチューブ(CNT)トランジスタを開発したと発表した。「フレキシブル・ディスプレイやセンサ・シートのライン制御回路に用いるには十分な動作性能」だとする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!