三和シヤッター工業(本社東京)は、電源が要らない手動式防火シャッターの危害防止装置「メカセーフ」を2013年9月25日から発売する。危害防止装置は、火災時などに防火シャッターを閉める際に人が挟まれるのを防ぐ装置。メカセーフは、シャッター下端に障害物が接触するとブレーキを作動させる制御を、ワイヤを介する機械的な機構で実現した。

ここからは会員の登録が必要です。