アラスジャパン(本社東京)はオープンソースのPLMツール「Aras Innovator」(米Aras社)について、クラウド対応の方向性を明らかにした。「Aras Innovator本体の機能をクラウドで提供することも考えられるが、それよりもAras Innovatorのユーザー同士がクラウドで安全にファイルを共有できるなど、追加サービスを充実させたい」(同社社長の久次昌彦氏)という方針。部品データベースをクラウドで提供する計画があることも明らかにした。

ここからは会員の登録が必要です。