富士通ゼネラルの電子デバイス/情報通信システム機器の生産拠点である富士通ゼネラルエレクトロニクス(FGEL、岩手県一関市)は、多品種少量生産に対応できる新工場を本格稼働させた(図)。総投資額は約21億円。

ここからは会員の登録が必要です。