富士フイルムは、Liイオン2次電池内における電解液の還元・分解および電解液と電極の界面における被膜形成の化学反応メカニズムを分子レベルで解明することに成功したと発表した。同メカニズムは直接観察することが困難だが、今回、独立行政法人 物質・材料研究機構(NIMS)と共同で、スーパーコンピュータ「京」を用いた化学反応シミュレーションを行って、解明できた。

ここからは会員の登録が必要です。