ソニーとパナソニックは、業務用光ディスクの次世代規格を共同開発することで基本合意した。2015年内をメドに、1ディスク当たりの記録容量を300Gバイト以上とする光ディスクの開発を目指す。今後、両社で規格の仕様や開発項目などについて協議していく。

ここからは会員の登録が必要です。