ダイセル・エボニック(本社東京)は、反応性共重合ナイロンパウダ「ベスタメルト」(独Evonik社)がMercedec-Benzの量産車「A-Class」の部品(クロスカービーム)に採用されたと発表した(プレスリリース)。クロスカービームはアルミニウム合金製で、ベスタメルトを塗布した上で金型にセットし、ガラス繊維強化のポリアミド(PA6)を射出成形する。さまざまな部品を一体化できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!