米Cadence Design Systems社は、台湾United Microelectronics Corporation(UMC)が、28nm設計に対する物理的なサインオフおよび電気的なばらつき最適化のために、Cadenceの「in-designサインオフDFMフロー」を採用したと発表した。このフローは、ランダムおよびシステマティックな歩留まり問題に対応しているという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!