オープンキューブ(本社横浜市)は、本体価格が18万円(税別)の3Dプリンタ「SCOOVO C170」を開発し、2013年7月29日に発売する。SCOOVO C170は造形材料としてPLA(ポリ乳酸)のフィラメントを使う。最大造形寸法は高さ175×幅150×奥行き150mm、最小積層厚さは100μm、搭載するヘッドは1つだ。国内で製造されており、造形用ソフト「SCOOVO Studio」や取扱説明書は日本語表記で提供される。

ここからは会員の登録が必要です。