新日鉄住金化学は、分子科学研究所の西信之名誉教授との共同研究により、多孔質炭素材料「ESCARBON(エスカーボン)」を開発し、サンプルワークを開始した。アセチレン炭素(C≡C)と金属原子が結合した金属アセチリドを前駆体としたもの。ナノスケールで構造制御し、メソポーラス・カーボン・ナノ・デンドライト(MCND)と呼ぶ。

ここからは会員の登録が必要です。