新日鉄住金の名古屋製鉄所で2013年6月18日、省エネルギ性に優れたコークス製造技術「SCOPE21」を導入したコークス炉(第5コークス炉)が竣工した。SCOPE21は経済産業省管轄の国家プロジェクトで開発された、原料炭を事前急速加熱する技術。低品位原料炭の利用拡大や大幅な省エネルギを実現できる。加えて、製造するコークスの品質向上とコークス製造時間の短縮なども見込める。

ここからは会員の登録が必要です。