米Agilent Technologies社は、通信や航空、宇宙、防衛システム向けのESL(electronic system level)ツール「SystemVue」で使うリファレンス・ライブラリ2種を発表した。どちらも、システム設計エンジニアやアルゴリズム研究者にとって、研究開発プロセスの初期段階で機器のエミュレーションを行う標準リファレンスになるという。

ここからは会員の登録が必要です。