富士通研究所は、窒化ガリウム(GaN)を使った高電子移動度トランジスタ(HEMT)を用いて、ミリ波帯まで適用可能な、10W出力の送受信モジュール技術を開発した。発熱を効率よく逃がすヒートシンクを多層セラミックス基板の送受信モジュール内に設けるなどの工夫で、単一のパッケージで高出力な送受信機能を実現したとする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!