東芝は、ノートPCやタブレットといったモバイル機器の開発段階で行うシミュレーションや解析に関して、「ANSYS Convergence」(2013年5月30日と31日にアンシス・ジャパンとサイバネットシステムが東京で開催)で講演した。登壇したのは、東芝の辻村俊博氏(セミコンダクター&ストレージ社 システム・ソフトウェア推進センター システム実装技術担当)である。

ここからは会員の登録が必要です。