米Maxim Integrated社は、実装面積が3mm×3mmと小さい12端子TDFNパッケージに封止した18ビット分解能の逐次比較(SAR)型A-D変換器IC「MAX11156」を発売した。同社によると、「同種の製品の中では業界最小。競合他社品に比べると、実装面積を少なくとも70%削減できる」としている。自動テスト装置(ATE)や、工業用制御機器、医療用電子機器、ロボットなどに向ける。

ここからは会員の登録が必要です。