米Fairchild Semiconductor社は、空間距離と沿面距離とも10mmを確保した10Mビット/秒対応のフォトカプラ「FOD8160」を発売した。同社独自の実装技術「Optoplanar」を採用した広幅の8端子SOPに封止することで、10mmの空間/沿面距離を確保した。最大動作絶縁電圧(VIORM)は1414Vである。太陽光発電システムや、インテリジェント・パワー・モジュール、産業機器に搭載する通信インタフェースなどに向ける。

ここからは会員の登録が必要です。