パナソニックは2013年5月8日~10日に東京ビックサイトで開催されている「ワイヤレスM2M展」で、スマートメーターやセンサ・ネットワークに使用するベースバンド処理の新技術を展示した。総務省が実施している研究開発「マルチバンド・マルチモード対応センサー無線通信基盤技術」の成果の一つで、IEEE802.15.4系の無線通信で用いるすべての周波数帯域(400MHz/900MHz/1.2GHz/2.4GHz帯の4種類)を1個のベースバンドLSIで処理するための技術である。

ここからは会員の登録が必要です。