富士経済(本社東京)は、2020年までの世界のロボット市場に関する調査を実施し、予測結果を発表した。2020年のロボット市場の規模は、製造業向けが6455億円と2012年実績値の約1.6倍、非製造業向けが1127億円と同約3.8倍に拡大するという。製造業向けでは自動車関連設備、非製造業向けでは掃除ロボットや医療/介護/福祉ロボットが成長の原動力となる見通しだ。

ここからは会員の登録が必要です。