横浜スマートコミュニティは、2013年4月26日、いわゆる「スマートハウス」の次世代モデルを研究・実験するための建物「スマートセル」の運用を始めた。環境負荷の低い多様な設備・建材を実使用環境で試すとともに、多数のスマートハウスで構成する「スマートコミュニティ」が、全体としてエネルギー効率を最適化できるようにする方法を探る。17社が参画し、横浜市とテレビ神奈川が支援団体となっている。

ここからは会員の登録が必要です。