広い反射角・波長域にわたって反射光を4分の1以下に低減する室温・大気圧下でのガラス向け成膜技術や、小型カメラ用レンズを低コストに一括成形する技術をオーストリアの半導体製造装置メーカーEVGroup(EVG)が開発している。前者は太陽電池のカバー・ガラスに応用して発電効率を向上できる可能性があり、後者はスマートフォン向けイメージ・センサーと組み合わせてカメラを低コストかつ薄型にできる可能性がある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!