ホンダと積水ハウスは2013年4月22日、パーソナルモビリティー「UNI-CUB」や「歩行アシスト」などのヒューマノイドロボット研究から生まれたロボティクス技術について、住宅内における可能性を共同で研究・検証していくことを明らかにした。高齢社会を迎えた日本において、人々が生涯を通じて自宅で豊かな生活を送れるような住まいの機能を創造していくことを目的とする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!