ラティス・テクノロジー(本社東京)は、軽量3Dデータ「XVL」を使ったデジタルモックアップ(DMU)ツールの新バージョン「XVL Studio Ver.12.0」を2013年4月19日に発売する。新バージョンでは、設計変更によって3Dデータの構成や形状、属性などに関する情報が変わった際に、変更箇所の把握や変更内容の反映を実現する機能を強化した。

ここからは会員の登録が必要です。