東芝メディカルシステムズは、80列の検出器を用いた160スライスのX線CT装置「Aquilion PRIME(アクイリオン プライム)」の国内販売を2013年4月3日に開始した。同社の主流製品の一つである64列/128スライスのX線CT装置に対して、「置き換えを進める」(同社 社長の綱川智氏)ことを狙った製品だ。

ここからは会員の登録が必要です。