東芝は、データ伝送速度が8Gビット/秒と高い「PCI Express Gen3」規格に対応したSPDT(single pole double throw)スイッチIC「TC7PCI3212MT/TC7PCI3215MT」を発売した。PCI Express Gen3の1レーン、すなわち1対の差動ラインに対応する。スイッチの端子間容量を削減することで-3dBの周波数帯域を11.5GHzに広げ、信号品質の劣化を抑えたことが特徴である。PCI Express Gen3のほか、USB3.0やシリアルATA3.0に対応した信号の切り替えにも使える。デスクトップ・パソコンやノート・パソコン、サーバー、パソコン周辺機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!